ライカ買取

ライカを高く売ろう!

ライカのカメラが家で眠ってるなら今すぐ売却だ!
今の時代、カメラは古いモノでも売れるのです。
メーカーによって人気・不人気ありますが、古いカメラのなかで一際人気なのが「ライカ」です。

 

ライカが人気な理由

ドイツのメーカーであるライカは元祖カメラと言われるほどです。
古いライカだと50〜60年前のモノが流通しています。
ライカM型は今でも愛用者がいるほど人気のカメラです。

 

ザ・カメラという感じで、最近主流のデジタルカメラと違い、味のあるカメラがライカM型です。

 

高く売るために重要なこと

ライカを売るとなったら1円でも高い金額で売りたいはずです。
そのためにもっとも重要なことは、ライカの売り先選びです。

 

どこに売るのかで手元に残るお金が全然違ってきます。

 

高い店ってどんな店!?

イザライカを売ろうと思ったときにどんな店へ売るのがベストなのか!?
間違いない店というのはありませんが、高い傾向の店といのはあります。
それは、カメラ専門店です。しかも、古いカメラを得意とするカメラ店へ売るのが良いです。

 

ライカを宅配使って売れば全国OK

ライカを専門店へ売るのが良いのはわかったけど、家の近くに専門店が無いというケース。
きっと多くの人がそういった意見になるでしょう。
というのも、首都圏なら新宿・銀座などへ行けば中古カメラ専門店がいくつもあります。
しかし、そこへわざわざ出向くるなると時間とお金がかかってしまいます。

 

ライカのカメラ・レンズが何台もあるならいいですが、数台のために交通費かけていくのも非効率です。
そのときに利用したいのが宅配買取です。

 

カメラやレンズを箱に詰めて送るだけで現金化できるサービスです。
これならどこに住んでいようが関係ないため、ライカが高く売れる店を使って売却可能になります。

 

ライカの高い店と安い店の差

あくまで目安となりますが高い店とそうでない店の見積もり金額の差です。
ライカM5を売った場合の買取査定金額ですが、A店2万円、B店1万円、C店4万円という見積もり結果になりました。

 

もちろん売るタイミングとカメラの状態で大きく上下しますが、
売る店で金額が数万円の差となるのがライカ買取の恐ろしい点です。

 

買取金額に差がでる理由

やはり古いライカだと程度がイマイチなケースが大半です。
さすがに数十年前のカメラだとそれなりの劣化が見られることがほとんどです。
その劣化状況の判断が難しいため買取金額に差がでてきます。

 

劣化あっても価値があるのは共通しますが、それでも高額で引き取る店と
そうでない店があるようです。

 

 

ライカを売らないほうが良いケース

大事にしてきたライカを売るとなれば買ったときの金額より安くなるのが通常です。
古いライカM型であればこの先も大幅に相場が下がることは考えづらいです。
仮に相場が下がったとしてもわずかな金額です。
逆に海外では古いライカの価値が高まりつつあるため、このまま保有しておけばもっと高く売れる可能性があります。
お金に困っていなければ今すぐ売るのは避けたほうが良いでしょう。

 

注意点はカメラの状態が悪化しないようにメンテしてあげることです。
できれば防湿庫で保管するのが望ましいです。